スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8の字練習

2010.07.01.22:30

20100702.jpg
河川敷で8の字練習! ワタクシより高速で小回り!

201007022.jpg
ブレーキかけて超低速も

201007021.jpg
スタンディングの練習も!

スポンサーサイト

NEWメット

2010.07.02.22:30

Image058.jpg   Image059.jpg
石見で落車してメットを割ったので、新型レジモスに
チームのデビルさんに塗装してもらい、世界一つのスペシャルバージョンに
イタリアンフラッグカラーがアクセントで良いでしょ!

大台ケ原 もし雨でしたらもったいないので、被りません!
ヘルメットは被りますよ~
借り物のモストロ トリコロールカラー(シルベストカラー)がありますんで!

大台ケ原ヒルクライム

2010.07.03.13:16

前日受付の為、これから出発します! 雨で前夜祭の花火は中止かな?
でも雨天の方が、安心するのは、大台ケ原HCぐらいですね!
晴れたら、登りもだけでなく下りも灼熱でボトル空になりますからね~

第9回ヒルクライム大台ケ原

2010.07.04.23:44

way-up-top[1]
予想通り雨でした~ 前夜祭は雨の中 普通に行われてました!
花火も・・・全く雨など気にすることもなく…さすがに降雨日 日本一の大台ケ原です。
雨天で中止など、誰も考えてませんね~
先週の乗鞍は降水量が制限値オーバーでコース閉鎖で中止になったそうですが…

ワタクシ的には、雨天で助かりました~大台は晴れると給水までボトルもちませんので…
タイムの方は全くダメですね~2年前にMTBでちんたら登ったときよりまだ遅かったです。
まぁ~気持ちの問題ですネ~ 楽なギア回して休んでいては、タイム出ませんわ!

今日はチームのabiosさんと一緒にGF吉野の雨天時登りを想定して走りました!
後半は楽しすぎかな~と思ったので、一応アウター固定で走り走りましたが…
チェーンがギシギシ鳴ってました。

大台ケ原HCは、景色が良いわけでもないし、激坂があるわけでもなく、
最初と最後は平坦区間だし普段でも走れるコースで、路面の荒れもなく走りやすい
わざわざレースで走らんでも・・・暑さか雨で苦しむだけ、みたいなレースですが

子供からおじいちゃんおばあちゃんまで村民の声援が…嬉しくなります!
前夜祭も村祭りイベントみたいで、結構気に入っています!
帰りに「来年も来てね~」と声をかけられ 来年は、第10回記念大会だとか…
また来年も参加できれば幸せです!

FABU projectからのメール

2010.07.10.23:13

『7月11日花吉野クリテリウムは予定通り実施いたします。』との事!
HCやサーキットを使ったEDは雨天で中止もありますが… 
クリテは、レースなので雨天決行でしょ! とことんお付き合いしますよ~

今年は、天候を言い訳にして走らなかった事があるが…メチャメチャ後悔している
以前の自分では、天候を理由に走らないなんて事は、絶対に考えられんかったから
ウエットになるとMTBで出かけてどろどろになって喜んでたし…
雨を理由に乗らないバイク乗りにはなりたくないね!

ただ、ホイールは3セット積み込みましたが…

第二回 花吉野クリテリウム

2010.07.11.19:30

いゃ~ めちゃめちゃリスキーなレースでした~
雨がちょうど一番路面が滑りやすいくらいの降り方でしたから~
舗装の塵や油分の浮き具合といい、コーナーのインターロッキング砂の浮き具合といい
マンホールの位置やセンターラインまで… こりゃ滑りますわ~
C4レースは、先頭を走っていて落車してたくらいですから・・・

試走する時間がなかったので、前のレース(C4)を応援していたのですが…
みんなジャージが汚れていきます、上のほうのコーナーで次々に落車しているようで
人数がみるみる減っていきます。

キッズレースの間は、雨が上がっていたのですが、
自分が走るC5スタート前からまた降出して、これ以降のレースは
ショートカットコースに変更すると主催者の判断・・・正解だったと思います。
あの状態で初心者のC5クラスやハイスピードのC1C2クラスのレースやってたら、
大惨事になったのでは。

C5クラスは3周のニュートラル走行後ローリングスタートになります。
集団で誰かコケタラ、巻き込まれる事は必至なので、一番後ろからスタートします。
最初のニュートラル走行は、試走していないので助かりました。
周回ごとに徐々に前の方へ上がっていきますが、レーススタート後は
先頭集団の後ろの方で、チョット距離を置いて追走位置キープ

先頭集団全体が見渡せるので、落車があっても回避できる位置なのですが、
集団のドラフティング効果の外なので、しんどい!!!
登りと下りで抜きにかかり、平坦では、流しながら周回
この位置をキープできて走りきる事ができれば、安全で
ラストでスパート仕掛けれるんですが、やはりそこまで力がありません!

ラスト3周くらいで最終コーナーで前走が落車、
「落車~」と声だして後続に知らせその内側を回ります
登りの最後で段々集団との距離が離れだします。
たいした登りでもないのに…心拍にきてしまいます。
ここをレーススピードで重いギア掛けれると…勝負に絡めれるんですが…
今後、レースを楽しむ為の課題ですネ!

ゴール後は、みんなへたり込んでましたね~
それだけ全開で走ったということで、MAX出せるのがレースの良いところ
私は、止まるとぶっ倒れそうだったので、そのままあと1周回クールダウンで走りました。
花吉野クリテ 今シーズンの残り2回は、鈴鹿ロードと鈴鹿EDに日程が重なっていて参加できませんが、来シーズンも開催されるのであれば、是非参加したいですネ!
クリテリウムは、スピードとテクニックとスプリント力が必要なレース
手軽なロードレースとして、今後も楽しんで行きたいと思います。

息子は、5位でした! 今回は、表彰台狙っていたので、チョット残念ですが
トップ3は、みんなロードレーサーでしたから、いたし方ないかな・・・
8月の万博ジュニアロードと鈴鹿シマノロードで、頑張るでしょう!

花吉野クリテレース写真

2010.07.13.22:47

6-098[1]今回は、どこで写真撮影していたのか知らなかったので
全く意識していない写真になってますね~
きっとホームストレートだと思いますが…

6-305[1]
最後ゴールスプリント(のつもりで)もがいているとこですね!
後でメーター見たら MAX50.8㌔ だったので…まぁ~10㌔程スピード足りませんね!

4-005[1]
息子K生 リザルトはワタクシよりはるかに上です!
シッカリ前見て、肘も良い具合に曲げてるけど、やっぱハンドル高すぎるな~
この時点で、もうしんどかったそうです。スタートから飛び出していたからね!

とうとう届きましたね~

2010.07.15.22:48

ワタクシにとって最大の自転車イベント GF吉野の案内が届きました!
今年も熱くなりそうです。

今週末の「けいはんなクリテ」が仕事でパスになり
久しぶりにレースなしの週末ですので吉野の準備をシッカリしたいと思います。
しっかり準備! これ大事ですよね!

まずは、ブレーキシューの清掃
20100715.jpg
面のしっとり感が出るまでひとつずつ丹念に磨き上げます。
GF吉野でもっとも酷使するのがブレーキ! でも使いすぎるとタイヤの内圧が上がって
グリップ低下やバーストの原因にもなるので、なるべく使わない(引きずらない)ためにも
スパッと効いてくれないといけないので、まずはこのパーツから!

ブレーキシューはコリマのレッドシューの方が制動力もコントロール性も上ですが
GF吉野で使用すると、途中でなくなってしまうので、7900を装着します、
7800と比べると雨天時の制動力が格段に良くなっています!
耐久性も上がっているようにおもいます。

ちなみにホイールのブレーキ当たり面・・・以前は専用消しゴムパーツで磨き上げていましたが、最近は、やめました、ちょっこしブレーキカスがついている方が良く効くようなきがするので…ブレーキングでは、なるべく楽をしたいのでネ!

対暑耐性力

2010.07.16.23:52

20100716.jpg
GF吉野の灼熱に少しでも耐性を上げておこうと
今日は、午後から長袖装着で北摂方面へ
気温は34度・・・彩都から登って北摂界隈を走り回るが

身体の放熱能力が夏気温に対応できていない…
ここ一ヶ月は雨で水冷できている状態でばかり走っていたので…
GF吉野は、梅雨明けの本番夏入り直という時期的にも大変過酷です。
夏の終りであれば、同じ気温でもだいぶ対応できるように仕上れるんですがね~

今の状態では、とても200㌔を追い込めませんわ~
さてと、展開どうしよっかな~

funride

2010.07.19.23:58

今月号のファンライドは、熱いですね~
同年代の有名サイクリストの方々の記事
読んでると同感する事が多々あります!

暑ッつ~

2010.07.22.17:45

12時前に出発! 北摂上り口の彩都の温度計は35℃!
ヤッパ、早朝に走ればよかった…
レーシングからロングライド仕様のポジション変更
全然走りこめていないので、現状の身体にあわせたポジションに
そのチェックも兼ねての走行だが、

1時間も登ってるとボトルが空になる…
2時間も走ると暑さでバテバテ
これは、今週末のGF吉野は相当過酷になるな~
調子に乗ってカッ飛んでるととても持たないだろうし
セーブして走って、210㌔完走出来るほど甘くもないだろう
どちらにしても塩を舐めながら走ることになりそうです。

UPによって整備調整してもらい、シフトとブレーキのフィーリングが格段に良くなる
これで、マシンは準備完了!
あとは、補給食の調合です、ボトル2本でも途中で水切らすかも…
出来るだけ軽装備にしたいが…

灼熱へ

2010.07.24.21:11

20100724.jpg
1年で一番暑くて長い1日に向けて
今から出発です!
最終兵器を持参していきます!

超過酷でした~

2010.07.25.23:54

201007251.jpg
グランフォンド吉野 灼熱で超過酷でした~
スーパーロングにエントリーしていましたが、結果は、関門で足切りで
その後は、ロングイーストのコースを走りました。

昨年ロングイーストを完走した時より、川上村道の駅給水には30分早くついたのですが、
SLの関門通過時間はLEより1時間早く…さらに30分縮めるとなると、かなり難しい
熱中症対策もあり無理は禁物と思っていたのと、序盤抑えすぎたのもありますが
5月末のSDA王滝以降、50㌔以上走った日がなかったので、明らかに練習不足でした。

しかし、開催時期といい、コースといい、
間違いなくGF吉野は日本一過酷なサイクルイベントですね!
ゴール前の坂を上っているとき…なんでこんなコースレイアウトにすんねん…といろんなイベントに参加してきましたが、初めて走りながら、絶対もう来年は走らへん! と思いましたわ~ でも、終わってしまうと、また来年も となってますがね!

吉野のコースは荒れているといわれていますが、
今日、改めて走ってみて、そうでもないな~と思いました。
雨が降ると、コケで滑るんですよね、グレーチングは確かに危ないですが
今回は、危険表記が出ていたし、かなり安全対策で注意喚起も出来ていましたね。

マシントラブルなし、タイヤはチューブレスを6気圧で走りましたが、
下りではブレーキでリムが発熱して、圧が上がるので、ちょうど良い塩梅でした。
下りの途中でタイヤ触ったら妬けどするかと思うくらい熱くなってました。

ボトルの水分は、ギリギリでしたね~ 水被りながら走っていたという感じです。
膝が発熱していたので、チョット厳しかった、実際疲れが出ているのは、
腿裏のハムの膝に近い部分と膝回りの筋肉ですね!
ダンシング多用したし、膝には、負担になっていたのかもしれません。

20100725.jpg
結局7時間で130㌔程走りました! 楽しかったですよ~ 
GF吉野はSDA王滝とともに、ワタクシが自転車に乗っている限り
挑戦し続けたいと思います! ライフワークですね!

GF吉野の翌日

2010.07.26.17:59

GF吉野の翌日は、廃人状態なので有給を取っていたのですが、
昨年よりなぜか全然ラク… 練習ランした後の疲れの様な感じで
朝から、スポーツマッサージを受けに行くと、筋肉痛も取れちゃいました!

まぁ~ それだけまだ余裕があったというか、追い込めていなかったんでしょう
自分なりには、身体は、かなり疲労してると思っていたんですが、
脳が勝手にセーブしてましたね! 脳をごまかす為に頭メチャ冷やしていたんですが
最後には「冷えピタ」も溶けてましたけど…

毎週のように、自転車イベントに参加させてもらっているので
こんな日くらいはと、家事手伝いに励む!!!
洗濯して、掃除して、皿洗って、子供と遊んで、みんなで映画行っといで~
下の子と留守番しとくから~と送り出し
あとは、食事の用意です・・・ 出勤にしとけばよかったかも・・・

GF吉野の翌々日

2010.07.27.20:24

201007272.jpg
フロントタイヤ、やっぱパンクしてましたね!
ワタクシはチューブレスタイヤにハッチンソンのプロテクトエアーという
シーラントを注入しています。

201007273.jpg
白く膨らんでいるところが、シーラントが埋めた穴です。
一晩置いていたので、さらに内圧で膨らんだようです。
ハッチンソンのプロテクトエアーは、今年から新バージョンになっていて
以前のものより進化しています!

何が、違うかというと、修理材が、細かくなっているように思います。
そのため、液自体が滑らかになっていますし、団子状に固まることもなくなりました。
あと、間違ってバルブを下にして空気を入れると、バルブが修理材でつまってしまう事がありましたが、それも、改善されているようです(バルブは上位置で保管が原則ですが)

20100727.jpg
補修された跡です、吉野大峯林道の下りで黒滝エイドまでのところで
グレーチングの轍段差でヒットしたのでそのときのパンクでしょう
スピード落とさなかったのと、コース取りのミスですね!
リム打ちパンクしやすそうなところでした
その場所で3、4台パンク修理してましたし。

パンクするとどうなるかというと、走っていると遠心力でタイヤの回りに
一瞬白い霧状の物がでて…それだけです!
何事もなかったように、その後もカッ飛んで下ってました。
空気圧は少し下がったかもしれませんが…
その後スポンジタイヤみたいにグリップしていたので・・・

何度もブログで書いていますが、チューブレスタイヤの有意性は圧倒的です!
ツールドフランスにも今年から2チームで実践投入されましたし、
ワタクシがテレビ観戦していた中では、パンクはなかったと思います。

201007271.jpg
今日は、セミが泣き出す前の5:30に出発して早朝ランを2時間程
赤ゼッケンをつけたまま、タイヤも勿論、そのままです!

吉野では、軽いギアばかり回していたので、今朝は、重めのギア掛けて
高速巡航して追いました!(何かを?)
吉野走ったのは、良い練習になったようで、お陰で身体も軽くなり
ダンシングがすごく楽で、調子が戻ってきたようです!(朝で涼しかっただけかも…)

赤ゼッケンは、ローラーの前に張っておきます、これ見て精進しますわ!

明日から 淡路島2デイズ です! 秋の「淡一ファストラン」の下見しときます~

ルディプロジェクト

2010.07.30.22:23

201007303.jpg
ルディの限定イタリアンフラッグカラー 
ライドンは持っているのでジェネティックにしました。
最近、イタリアンフラッグカラーに はまってますが、
20100730.jpg
シルロは、フランス国旗トリコロールカラーにしてみました!
(トリコローレと呼んだ場合はイタリアフラッグを指すそうです)
レンズは、調光インパクトX 
アイウエアは、やっぱルディでしょ!

デザインは勿論ですが、最大の特徴は、プロテクト機能
紫外線や衝突物からの目の保護だけでなく、転倒時のフェイスプロテクターとしても
良く出来ています。強い(絶対に割れない)のに柔らかい
これのお陰で、何度助かっているか…と思えば、安いものですよ!

プロフィール

G-PanaZt

Author:G-PanaZt
大阪府茨木市在住 51歳
6人家族:長女(大学生) 長男(中学生)次男(8才)三男(4才)
チーム:Team UP!UP!
ロード:TIME VRS
ZULLO INQUBO
GIANT TCR
TTバイク:GIANT FCRゼロ
MTB:GIANT MCMカーボン
ジャージ友繋がりで
「エコサイ」「けんむん」「Beach」にも出没

カウンター
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。