スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDA王滝を走ってみて

2010.06.02.22:07

タイトルTKブログのパクリです。
竹谷さんのブログの内容がすごく共感する内容なので
(レベルは全然違いますが)転用します。

SDA王滝を走ってみて、思うこと。
背中の疲労、とくに上背部、肩甲骨周りの疲労が大きいです。

ロードライドと違い、下りはもとより上りも路面状況に合わせて、
ボディアクション、バイクコントロールをしながら走ることになりますので、
その負担、あるいは衝撃吸収のための負担が出ています。

ペダリングもただ適当に漕いでいるだけでは進んでくれませんので、
集中力もかなり使いますので、頭脳にもかなりの疲労感が残ります。

ロードよりもMTBの方がアバウトな感じがしますが、
実際はMTBの方が繊細で高度な操作を求められます。

ヨーロッパのロード選手は、冬の間の練習にシクロクロスを取り入れて、
バイクスキルを向上させていますし、モータースポーツの世界では2輪でも4輪でも、
オンロードの早い選手はダート出身だったりします。

自分的には、オンロードが荒れたらオフロード、
究極にスムーズなオフロードがオンロード、
と、いうことで、状況は違うながらも全くの別物とは思っていません。

むしろ同一のものとして、特に基本は全く一緒で、ロードが基本ならば、
発展がオフロードと言えますが、オンロードだけだと誰でも走るだけならば出来ますので、
その基本が出来ているのかor出来ていないのかすら分からないのです。
しかし、オフロードに入ると、基本ができていないことが一瞬で露呈してしまいます。

高度なMTBライドにも、ロードバイクの向上の為に、是非MTBにトライしてほしいですね。
MTB100kmは、ロード300km相当の疲労感ですから、3倍のエフォートって感じです。


MTBは、ロードの3倍楽しめるということですよ!
ロードもマウンテンも乗り方は基本一緒(ポジションもね)でも
自転車 上手くなりたいのならMTBでスキル高める事が重要になる
オフロードを走れる環境があるなら、是非MTBであそびましょ!

MTB乗ると自分の下手さがすぐにばれます! MTBは自転車の先生です。
スポンサーサイト

TT-FCR

2010.06.03.21:53

20100603.jpg
午後から時間が出来たので、TT-FCRで河川敷へ
このアルミフレームの高剛性はハンパじゃないッス!
アルミフレームはシートステーを細くしたり、カーボンにしたりして
衝撃吸収しますが、このバイクのシートステーにそれを期待できるわけもなく
チェーンステーとシートステーのボリュームとともに後ろ三角が作り出す高剛性
カーボンバイクの剛性感とかというのとは次元が違います。

踏んだ瞬間に進むし、シャキシャキ感と軽快さ
ワタクシごときのパワーではすぐに跳ね返されてしまいます。
「バイクがモアパワー」と言ってきます・・・

衝撃も もろストレートです、分かっていたので今日は、空気圧5.8BARにしましたが、
それでも吸収している気配さえないです。(グリップは良くなりますが)
フレーム全体からの共振音で薄くて硬いのが良く分かります。
GIANTのSLグレードアルミは、フルードやプレスフォーミング技術を駆使して
素材の性能は極限まで引き出し、押し出しバテット加工も複雑にされているようです。

つい何年か前までは、こういう乗り味のバイクがロードレーサーで
これが最高で、みんなこんなバイクを求めていたのにね!
カーボンバイクで楽しちゃうと戻れないんだろうな~

これでヒルクラアイムしようとは思いませんが、十分軽量ですよ
すくなくともワタクシのロードバイクよりは、重量軽いです!

201006031.jpg
エアロボトル付けてみました、わかりにくいですが、まっ平でペッタンコです
意外と使いやすいので、ロードにも付けてみようかと思います(付くかな?)

今日走ってみて、のみのインプレですが
このバイクが一番得意とするのは、向かい風のときですね
エアロポジションをとるとやはり空力効果は絶大です。
反対に追い風の時は、そんなにアドバンテージはないですね~

ポジションも調整しつつで、まだまだ乗りこなせていませんが
このバイクのスピード感は、一度経験すると、ハマリマスヨ!
レース用機材ですが、これでロングライドすると意外と楽なのかも
この辺りは、また、インプレしますね!
6月は、いっぱい走ろうと思います。

Dedacciai STRADA

2010.06.05.21:36

201006052.jpg
デダチャイが造るフレームということで
昨秋の展示会でも気になっていたモデル! お店に入ってました。 
素材?パイプ?が出しているオーラを感じました。

20100605.jpg
ヘッド廻りはマイナーチェンジで大口径化されてます
BBに向かってのボリューム感もすごい
フォースを感じるフレーム、乗ってよかったら即、買いですね!

なので、試乗しない様にしないといけませんな~

機材ドーピング

2010.06.06.16:28


カンチェラーラにモーター付き自転車使用疑惑が浮上しているそうな
確かに変な手の動きしてるね、途中でバイクも交換していたような、1400ワット出てたらしいし…でもありえんでしょ? 電動自転車でレースって
でも…こんな自転車あったら乗ってみたいな~漕がずに50㌔でるらしい~
ってそれじゃ自転車とチャウやん!

北摂山ちょこっと

2010.06.10.23:40

振り替えで休みでしたが、お家のお手伝いが山積みで…
お昼前にチョコット抜け出して、一番近くで登れるところへ
福井から40分登ったところで折り返す…
で1時間で帰宅後 また家事手伝い!

趣味と仕事の両立よりも家庭との両立の方がはるかに大変だ!
ヤッパ早朝走るしかないですね~
明日、朝走るつもりで、自転車玄関に置いときます。

明日は、DNSです~

2010.06.12.21:59

201006121.jpg
昨夜は、会社のパーティーで某ホテルでフランス料理のフルコース
山形の折られたテーブルナプキンを見て山岳HCを連想してしまうのは
もはや趣味病かね~
201006122.jpg
あまりに美味しすぎて、写真は前菜だけ…あとは気が付いたら食べてた(いつものごとく)
シャンパンから始まりビール~白ワイン~赤をガブガブと…これもいつものごとく
で…今朝は早起きできず、11時位に出発、
福井から110~43で忍頂寺~車作から46で安威へ降りる北摂入口コース

20100612.jpg
帰宅後、息子K生との練習ランで河川敷へ本日の課題は変速の操作タイミングですが、
ちっこいくせにヤマメ乗りして「前へ、走れ~」の号令で30㌔位で加速していきます!!!
ワタクシと同じで調子に乗って、すぐに ばててますが・・・

201006124.jpg
登りの練習!

201006125.jpg
下りの練習!

201006123.jpg
23Cロードタイヤでこんな所走りまわってましたから…
この後、やっぱりパンクしてました!

おっと、タイトルの通り、明日の奈良盆地認証ラリーは、諸事情によりDNSです。

エッ?諸事情って…別にNCAの運営が不安なわけではありませんよ~

ただ、輪行バック持って、雨の中を走るのがイヤなだけです…

TTハバイクでローラー

2010.06.15.23:02

TTバイクをローラーにセット これが意外と楽でいくらでも回していられる感じ
特に出力が上がるわけではないのですが,肘でハンドルによしかかれるからでしょうか
でも、暑さと湿気で汗だく 1時間が限界でしたが…梅雨時期はこれしかないしな~

梅雨の合間に

2010.06.16.23:18

帰宅後夕食前に走る~ お風呂前にローラー

夜ラン

2010.06.17.23:39

仕事帰りの電車で無性にいつも走りたくなる…帰宅後夕食まで走る!
でも夜に走るのは、もうやめます。
インターバルで心拍上げるので、息ハアハアしてたら口の中になんか小さな虫とか入ってくるし、ライトつけてても暗くて見えにくいし、人とか車とか多いし…

だいたい夜、街中で40㌔オーバーでカッ飛んでいたら、危ないわな~迷惑だろうし
ストレス発散にはなるけど…おとなしくローラー漕いどきます。
ヤッパ朝 走ります~その方が気持ちいいし、夜はランニングにしときます。

信州!

2010.06.19.23:48

ツール・ド・美ヶ原の案内が届きました! 最強激坂がうたい文句のヒルクライムです。
最大斜度17%しかも直線で…周りでばたばたと立ちコケする観客の声援も一番多い所
「ここが一番キツイ所」という看板が何回も出てきます? そんなレース

でも美ヶ原はキツイだけのレースではなくて美鈴湖やゴール付近の景色は最高!
せっかく登るんだからご褒美がないとね! ゴールでの冷やしトマトも美味しいし!
雨で過去に何回か中止になってますが~この時期ですしね~

今週土日は、仕事! 週明け月曜に振休なので、安曇野スクールへ行ってきます。
ヒルクライム前なので、登りをバッチシとみてもらおうと思いますが、雨かな~
あんまり練習できてないし・・・宿題こなせていませんが、久しぶりのヤマメです。
雨でもTTバイクも持っていって、ローラーでポジション出ししてもらいます!

2週連続での信州遠征ですが、自転車で走るには、信州は最高の場所ですよね!

やまめの学校 プライベートレッスン編 

2010.06.22.23:03

平日休みを利用して、チームのクロスケさんとヤマメ個人レッスンに行ってきました。
前夜は土砂降りでしたが、朝には雨が上がり、1日みっちりと教えてもらいました!
数えてみると「やまめの学校」は8回目の受講、MTBとロードで半々位です。

教え方どんどん進化していますね~ 自分の進歩度合いでは追い付きません。
初めは、初心者向けの楽に走るツーリングの為の教室程度に思われていましたが、
今では、すっかり理論だてされて、確立してきたのでは…
なにせトップ選手が習いに来るのだから、いろんなメーカーも注目しだしてきたし…

今回も内容深かった~ 自転車ってホントに難しいですよ!
子供の時にちゃんと習うこともなく、乗れるのは当たり前って感じですが…

自転車の降り方ってちゃんとできます? 降りるとき足を着く位置やペダル位置
教えてもらいました、なぜその方法が良いのか…
それは安全で次の動きに無駄がなく 理にかなっているんです。

ワタクシはできていませんでした…練習してもなかなかできません、
癖がついてしまってるんです。とっさのときに危険です!
教えてもらった降り方している人、見たことありません
(意識してなかったから気づいていなかっただけかも知れませんが…) 
こんなことすらできてないんです~ 降り方は、またお教えしますよ
(自分ができるようになってからですが)

通常、午前中は座学ですが、二人とも何度も受けているので、今回はいきなり実走です。
ストレッチ? がわりの ヤンキー座り(背中伸ばして)してその場でジャンプします。
真上に飛べていないようでは、股関節硬くて足の踏み出し角度ができていないということ

今回は、沢山登りましたよ~ 高速8の字もたっぷり 
ロードですがMTBのレッスンて使うオフロードの土手登りも…
(クロスケさん登れて 鳥肌立ってました…覚醒スイッチ入)
砂の上でもタイヤ埋まらない走り方・下り方
最後は、平坦での高速走行…直線ロングを走ります。
アウター×トップが回りきったのでメーター見てみたら
60㌔オーバーしてました。集団でもなく平坦でこの速度は初体験です!
車も追いついてこないので、かえって安全ですね~

TTバイクセッティングも ローラーでフォーム見てもらい実走して
ハンドル角度を調整して、バーの握り位置を教えてもらい、格段に走りやすくなりました!
TTバイクを速く走らせる方法も教えてもらいましたが…
とんでもないものを組んでしまったという感じです!

セッティングの変更点は
今回はいっぱい微調整してもらいましたが最終的には
ニュートラルハンドリングの為に
サドル前へ、それに伴いサドルが5mmUP それに合わせてハンドルをUP 
シフターグリップはダンシング重視の角度に

今回教えてもらったポイントは、
・ダンシングの種類と使い分け
・ハンドル荷重を感知する手のひらセンサー
・スピードアップダウンによる荷重移動
・筋肉ではなく骨盤のストレッチ
・斜度に合わせた肘の角度
これだけを読んでも分かりませんよね~

やまめスクールはその時点での各人のレベルに合わせてもらえます
その時できるところまでが、その時点でのレベルです(理解の限界)
だから何回受けてもその先があるんですよね~

温泉郷に寄って帰りの「松の木」さんで食べた、岩牡蠣は絶品でした
(また写真撮るの忘れて食べてました)

PS 
かの有名なTK氏が王滝前にコーチ役でヤマメに来たそうですよ
「こんなに高度なこと教えてるんですか~」と言ってたそうです。
ワタクシには、お二人の理論に共通点がいっぱいある…
というか全く同じことを言っていると思います。

違い…それは、ヤマメでは、走りながら会得できていくと言うことです。
穂高・安曇野は最高です、ホント走ってて気持ちよい
移住したい自転車乗りの気持ちが良く分かります!

もっとレベルアップしてぇ~ 宿題さぼらずにやります!
次回は、8月にチーム合宿です! みんな覚醒しますよ~

ツール・ド・美ヶ原 出発前

2010.06.25.23:06

ヒルクライムレースは道路閉鎖時間の関係もあり
どうしても早朝スタートが多いですよね~
そのため受付は前日のみとかになってたり

美ヶ原も受付は前日の17時まで…
仕事人としては2日間の休みが必要になる!
その割にはレース時間は短いし…
車検するわけでもないし、当日受付も対応できるのではないかな~
そういう対応している大会も沢山あるし 

午前中しかも登りだけのレースの為に移動往復10時間・・・
でも美ヶ原はそれでも行く価値あるよね~
なにせ最強激坂+最熱温泉+景色最高(天気よければね)食事も美味しいし!

諸事情で参加できなくなった仲間の分も、今回は頑張って走ってみようか!

最強激坂

2010.06.28.00:04

JCAヒルクライムシリーズ第1戦 ツール・ド・美ヶ原
今年も最強の激坂は、待ち構えてくれていました!
ウエットコンディションで今年は、押してる人が多かったような…
クリートが滑って押し上げも大変そうでした!

地元の小学生からの応援メッセージ
20100627.jpg

激坂では、地元の方や子供たちの熱い声援が・・・
JCAの運営もシッカリしているし、スタッフの数も半端なく多い
冷夏でゴールの冷やしトマトがなかったのは残念でしたが、
良いコースですし、また、来年も・・・ですね~

最近登りの練習してないので、全然登れなくなってました~
脚ついたり休憩したりはないですが、追い込めません
ヤッパ練習せんとダメですね!

それにしても登りだけのレースは、もったいないですね~
美ヶ原も下りが気持ちい良いコースなのでね!
周回ツールドコースであれば、楽しさ倍増でしょうが…そうもいかんか
プロフィール

G-PanaZt

Author:G-PanaZt
大阪府茨木市在住 51歳
6人家族:長女(大学生) 長男(中学生)次男(8才)三男(4才)
チーム:Team UP!UP!
ロード:TIME VRS
ZULLO INQUBO
GIANT TCR
TTバイク:GIANT FCRゼロ
MTB:GIANT MCMカーボン
ジャージ友繋がりで
「エコサイ」「けんむん」「Beach」にも出没

カウンター
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。