スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE STRONG

2009.08.02.11:06

F1000236.jpg
リブストロング 前に着けていたんですが、
また着けようとと思い購入しました。
ランス復活!(あれだけ太ってたのに…)
スポンサーサイト

組上がりました!

2009.08.05.02:18

F1000238K
できました! とりあえず登り仕様でセットアップしました。
細部については、順次紹介していきます。
実は、平坦用 秘密兵器も装備予定です!

ZULLO インプレ

2009.08.10.22:27

先日、NEWバイクで3時間ほどいつもの朝練りコースを走りました。
このバイクが良く進む理由がわかりました、それは、フレームの剛性です!
がっちりと受け止めて推進力にしてしまうので、ワタクシごときのパワーでは、
ダンシングでガンガン踏んでもさらりと流される感じです。
「もっとパワーを」とフレームが要求しているのですが踏み切れません!

クロモリなのでガチガチカーボンやアルミフレームに比べたら乗り心地は良いのかもしれませんが、 今まで乗っていたのが、チタンフレームにザイロンスポーク、シートポストはゼルツ入りカーボンというロングライドメインでセットアップしていたので・・・
この硬さは衝撃です。

これは、気合い入れて走り込まないと乗りこなせませんwa
明日も走れそうなので、またインプレします。
 
DSC_4499[1] 特にこのエンド周りの剛性が凄いです!



TT練習

2009.08.13.18:32

鈴鹿ロードTTに向けて、チームの仲間5人で河川敷でローテーション練習を行いました。
引いたり引かれたりの集団走行はこれまでも経験あるのですが、
ちゃんとローテーションして走るのは初体験です。

10秒ローテーで回していくと、楽にハイペースで進みます!
これは、ロードの醍醐味ですね~
まだまだ練習が必要です、ふだんからローテーションで走ろっと!

F1000244K
  平坦仕様でセットアップしました!

フレーム : ZULLO インクボ(Dedacciai)
コンポ : DURA-ACE 7900 52×39 11×25
ハンドル : J-carbon next 440mm
ステム : DEDA ZERO100 100mm
シートポスト : DEDA ZREO100
サドル : フィジーク アリオネ
ペダル : タイム ファースト
ホイール : CORIMA エアロカーボンチューブレス
タイヤ : HUTCHINSON フュージョン2チューブレス



朝ラン

2009.08.18.11:59

F1000245.jpg
昼間は暑くて乗る気なしで、最近全然走れていないので、久々朝ランです!
5時起床…なんかまだ暗い? でグズグズして6時出発になってしまいました。
朝飯前なので1時間位、30分で折り返そうと思い淀川まで行くのも時間掛かるので

車を気にせずにすぐ全開できる、一番近い河川敷 大正川~安威川ルートへ 
朝ランは散歩感覚で近くが良いです。 
きっちり7時帰宅で暑さもお腹もぎりぎりセ~フ~

信州合宿

2009.08.24.01:54

F1000271K
チームで信州合宿に行きました 2000m超は、空が近かった~

1日目は「やまめスクール」 2日目は山岳ツーリング
天気は最高で(涼しかった~)料理はおいしく(お酒も最高)・温泉バッチリ
とても充実して中身の濃い楽しい合宿でした!

詳しくは、また書きます。

信州合宿 前夜

2009.08.25.00:44

出発は前日金曜日の深夜、しかし出発までにやることが沢山あります。
仕事を終えて速効で帰宅、自転車の準備はもちろんですが、まず子供を風呂に入れて
ご飯食べさせて、食事の後かたずけと洗濯して子供寝かしつける(寝なかったが…)
出発前の家事手伝いは鉄則です、何せ、信州合宿後も翌週は鈴鹿ロードで
次週がジャム勝トレッキング次週がカクタスカップで次が鈴鹿エンデューロと5連チャン、ここは少しでも心象をよくしておかないとネ! 快く見送ってくれる家族に感謝です!

集合場所から安曇野を目指して高速をぶっ飛ばします(高速1,000円効果で車多い)
今回は5名ですが、クロスケさんは家族旅行も兼ねているので先行していて
4人で2台です。お腹がすいて途中のSAで食事。
雨も激しく降り出して梓川SAについたのは3:30くらいだったか?
とにかく天気は気にせずに仮眠です。

朝起きれば、雨は上がり回復傾向、これなら何とか走れそう 回来たのが5月ですから
約3か月ぶり、靄がかかりよく見えないが、山頂付近の雪はなくなっているが、山が近い景色には変わりなく信州に着たな~感はたっぷり!

ファミレスで食事して8:30「ヤマメ学校」へ9時きっかりにスクールスタートです。
今回は、チームでに貸切スクール・・・何と贅沢な~
F1000247.jpg
そして、これから始まるヤマメスクールは、間違った常識で固まっている私の頭では理解不能の理論が展開され…
眼から鱗が落ちまくり、またまた圧倒的に感動的な領域へと誘われるのです。
それも仲間と一緒にですから、強烈です! 

今回の合宿は、食事もお酒も大当たりで温泉最高で2日目は低酸素高度でこれでもかというほどの景色が次々に展開されて、ワタクシの脳は、薬物なしで恍惚状態になっとりました・・・笑いながらズットはしゃいでいた2日間が始まります!


ヤマメの学校

2009.08.26.00:50

 ワタクシがやまめの学校に興味を持ったのは、堂城さんが、HPに書かれていた
「自転車に乗る人を増やす努力より、乗った人を減らさない努力の方が大切だ」という考え方、自転車屋さんや輪界関係者は目先の商売に走りがちですが、この人何か違うな~と感じていた時、タイミング良くファンライドの企画でスクールに参加でき、この人めっちゃくちゃ自転車好きなんだな~と堂城さんの情熱が伝わってきて、こんな人いるんだ… 
これならみんな楽しく乗れるじゃん と感動してしまいました。
 
でも到底ワタクシごときが、説明しても伝わるわけでなく
 【かえって間違った認識が伝わっても困るし・・・】
それなら仲間と一緒に行こうと企画したのが信州合宿の始まりです!
内心、みんなが「こんなもんか」的な感じになったらどうしようか? とチョット不安もあったのですが、さすがに我がチームの仲間達には、理解(感じる)ことができたようで、みんなが満足してくれたことがほんと嬉しかった! 
 他のメンバー達もまた誘っていきたいと思います。別に最強チームを作るためではなく、楽に速く走れれば気持ち良くて、そんな集団で走っていれば楽しいに決まっているから! なにせ楽しんでいる人が最強ですから!

合宿1日目の内容は、また明日にでも書きますが、
今日、ヤマメフォームでママチャリに乗ったら、めちゃめちゃ走った… 
ママチャリは重くてしんどいと思っていたのに、危険なくらいスピードでた❢ (@_@;)

信州合宿 1日目 ヤマメ座学編

2009.08.26.16:36

F1000277.jpg

昨夜降った雨は上がり、路面も乾いてきたので、予定通りスクールは開催できそう!
暑いけど、大阪とは比べものにならない、大阪だと真昼走るのは自殺行為ですからね
今回のスクール、午前中は約2時間みっちりと座学から始まりました。

ほとんどの人は、自転車の乗り方をちゃんと教えてもらったことがないと思う、子供の頃に乗り出すとそのまま、自転車が変わるだけで、乗れないわけではないし、何となく慣れみたいな感じで、ぶらぶら走るには、それで特に問題もないしね!

でも自転車をスポーツや趣味として取り組むと、我流では限界があるのでは、熱心な人は、本など読んで知識を習得するのでしょうが、それで理解できる人は、よほどセンスある人だと思う。

自転車でバランス感覚が重要なのは誰でもわかると思います、よくスキーと似ているというが、初めてスキー場行って滑べり始める人はいないでしょ、教えてもらってから、徐々に始めるはず、雪国で子供の頃から気がついたらスキーしていたのなら分かりますが、それでも、環境に恵まれないと難しいでしょう。

スキーのインストラクターが仕事になって自転車インストラクターが仕事として難しいのは、始めるときの難易度の差でしょうね スキーには、ハンドルもブレーキもましてやサドルもないわけですから。

ワタクシはスキーは学生の時にちょこっとかじっただけですが、ワタクシの周りの自転車乗りにはスキー経験者は意外と多くて、みんな乗り方うまいです、特にMTBでオフロードに行くと、経験浅くてうまい人は、たいていスキー経験者です。 ジャム勝のDHインストラクターも冬期はスキーのインストラクターですし、教え方はまさにスキーです!

自転車に関しては、きちんと乗り方や操作の仕方を教えてもらわずに、乗り始めている人がほとんどで、知り合いや先輩に教えてもらえるとしても、その人たちもきちんと習ったわけではなく、自分の経験を伝えることしかできない…今の自転車雑誌で、いろんな乗り方(ぺダリングにしても)が書いてあるのは、そのためですね! 全部読んでいると、混ざってしまってちぐはぐになっている。

重心とバランスの理論はもちろんですが、午前中の座学で、印象に残っているのは。
・自転車の重量は関係ない事
・自転車雑誌は広告誌(特にインプレ記事)
・機材選択よりも操作の習得
・重いギアを早く回す
・大き目フレームサイズの優位性
・タイムペダルの優位性
・タイムとアンカーのフレームジオメトリーの違い
・他スポーツとの関連
・ハンドル幅の選択
・クランク長の選択
・ブレーキのセッティング
・空気圧の考え方
などなど、又新たな発見がいっぱいありました。

座学後、午前中は、今までのポジションで走りに行き~近くの公園で野外講習
その後、坂では、みんな先生について行けず~平地では40キロ巡航している所を一番後ろから笑いながらブチ抜かれ
(MAX50キロで追いかけたが、離れていったので…おそらく60キロは出ていた)
昼食は今晩お世話になる宿「松の木」さん ここの食事とお酒は最高(また書きます)
昼食中もずっとレクチャーがあり、いよいよ午後から本格的実走スクール開始!

食事からの帰り、先生に私のZULLOを試乗してもらいました、
「これ後ろが重い、でも進むね」との事、
このあたりの真相は、午後からの実走編で詳しく書きますね!

信州合宿 1日目 ヤマメ実走編

2009.08.26.17:30

F1000246.jpg
午後からは、実際にバイクのセッティング出しです。
まず股下を計測して、0.885をかけた数値をサドル高に設定します。
0.885係数は、よく雑誌などの載っている係数の中でも大きい方だと思います。
ヤマメポジションは、ハンドルあげてサドル下げて、ステム逆で短くして と思っている人が多いようですが、実は結構サドル高いんです。
(これにはきちんと股下を測るのが重要ですが)
今回は、赤影クンが一番変更おおきかったかな、サドル3cm上げです。

サドル高が決まるとそれからハンドル高を設定するのですが、基本サドルと同じ高さにブラケットを設定します。ハンドルが高いような感じがしますが、それでも堂城先生のバイクのサドル-BB:サドル-ブラケットの比率は、例の統計係数 0.96比率だそうです。

以前のバイクでは、ハンドルを上げたくても、フォークコラムをカットしていたのであげれなかったのですが、ハンドルを高くすることで、下ハンが使えるようになり、登りでも下ハン持って前輪に加重して楽に登れました!

ステムも短い方が良いようですが、これはフレームトップチューブとの兼ね合いもありますので、大きいフレームの利点は、重心位置が取りやすく、小さいフレームだと、このあたりがシビアになり乗りにくい(進まない)バイクになるようです、フォームも詰まってしまうと、ステムで調整できる範囲も限界があり、フレームを買い替えるしか方法がないようです。

ビンディングに関しては、タイムペダルの優位性は、実感済みですから(MTBもタイムに換える予定です)ハンドル幅は440mmこれも使えば分かりますが、リラックスして走るには、広い方が有利です。

セッティングはこんなものかな~あとは、これにヤマメフォームで乗ると完成、フォームの維持を意識して走る事です。
これが難しいのですが…それぞれ癖がついていますからね!

機材的には、こんな感じです、みんな大阪帰ってきてから、ハンドル換えたり、ペダルをタイムにしたり25Cのタイヤ発注したりと影響受けまくりです~カルチャーショックですね!

F1000248.jpg
集団高速走行のあとは、ヒルクライムコースでダンシングのレクチャー(歩く走るのダンシングです)、オフロードでの講習や「8の字」練習と時間たっぷりと教えていただけました!
ほんとためになります、近かったら毎月でも行きたいくらいです、次回はMTBで…かな

ワタクシのバイクの設定
サドル高を71.7に設定 ステムは1cm長くした方が良いとのこと、あと様子見ながらハンドルを1cm下げ、サドルも1cm上げの範囲で調整していけばよいとのこと、ステムは前のバイクの100mmをそのまま換装していたのですが、ZULLOジオメトリー表では、ステム110mm指定でしたのでご指摘の通りです。
またインクボフレームはチェーンステイから後輪エンドにかけての剛性を上げているため後ろに荷重がより気味なのですが、特にワタクシのバイクはフォークが高剛性で軽量なバージョンが入っていて+カーボンハンドルにしたので、後ろが重いのではなく、前が軽くなっているのです。そのバランスを取るためにステム110mm指定だと思います。

信州合宿 スクール後~2日目 

2009.08.28.09:50

スクール後は、温泉に直行、近くに穂高温泉郷がありますが、ワタクシのお勧めは 
安曇野の宿 新庄の日帰り温泉、人が少なくてきれいです!

そしてメインイベント? 「食事処松ノ木」さんでの宴会
F1000249.jpg  F1000250.jpg
長野県は海が無いのに、大将が日本海の新鮮な魚の入手ルートをお持ちのようで、
新鮮海鮮が堪能できます。 お昼も新鮮海鮮定食、朝食もおいしくてボリュームたっぷり、これで1泊2食 ¥6800円 かなりお得!
お酒は、幻の吟醸酒「十四代」を飲ましていただき、あまりのうまさに驚きました!
その後も夏でもエアコンいらずの部屋で宴会は続き・・・。

2日目は、これも涼しさを求めて山岳ツーリングです。
信州中野まで足を延ばし、志賀高原~横手山・白根山を目指します!
F1000255.jpg

F1000257.jpg F1000259.jpg F1000258.jpg
  ●雲の上の横手山山頂 2305m での焼きたて雲パン

F1000279K F1000273.jpg F1000284K
  ●白根山は火山からガス発生で火口までは登れず・渋峠越え・湿地帯は別世界

F1000271K F1000277.jpg F1000287K
  ●いや~ほんと最高に気持ちよかったです!

明日からは、夏の祭典シマノ鈴鹿ロード2デイズです。
夏休み最後、子供レース応援してプールに花火、国際ロード観戦、楽しんできます。 
考えたら今週1週間全然乗ってませんわ…チームTTやば!





 

シマノ鈴鹿ロード

2009.08.31.22:01

リニューアルされて奇麗になった鈴鹿で、
15000人が参加した夏の一大サイクルイベント
今年は、2日間たんまりと遊んできました!

参加したチームTTは実力不足で途中千切れてしまいましたが、
仲間と一緒に走れてとても楽しかったです、また、新たな世界が見えてきました
シッカリ練習して、走り込みたいと思います!

1日目は、TTと子供スクール、夜は天然温泉~花火を堪能してランドで閉園まで遊び
2日目は、子供レースにプール遊び、最後は国際ロード観戦 とたっぷりメニューでした。

子供は、レア商品をいっぱいゲットしていましたし、国際ロードではスキルシマノがド迫力でした、これだけ楽しめたら、はっきり言って参加費 安いと思います。
レースとは関係ありませんが、シマノプレゼンツ花火パフォーマンスは感動的でした!
シマノの力を見せつけられたイベントでした。
プロフィール

G-PanaZt

Author:G-PanaZt
大阪府茨木市在住 51歳
6人家族:長女(大学生) 長男(中学生)次男(8才)三男(4才)
チーム:Team UP!UP!
ロード:TIME VRS
ZULLO INQUBO
GIANT TCR
TTバイク:GIANT FCRゼロ
MTB:GIANT MCMカーボン
ジャージ友繋がりで
「エコサイ」「けんむん」「Beach」にも出没

カウンター
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。