スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツールド美ヶ原

2009.07.03.00:19

先週参加した「美ヶ原」の感想…
ほんとに最強激坂でした、レースでなければ押してたと思います
というか、レースでなければ走りに行こうと思いません、車で登るのも大変では?

F1000202.jpg
前日の今中さんの直前講習!
強くなるには…の質問に答えは毎日乗ることだそうです!
登ると腰が痛くなる…の質問にレースモードで走ると痛くなりますとの答え

F1000203K
UPジャージも4色揃いました!
結構、何色着ていくかの駆け引きもあります
(一人になるとエースジャージになっちゃうので)

F1000211.jpg
少し日が立つと良い思い出で…
森林限界を超えてからの気持ち良い景色・空気が最高!
良い大会でした、6月の定番レースになりそうです!


スポンサーサイト

朝練り チームラン

2009.07.05.13:23

昨日は、チームのメンバー総勢6名で、朝練り勝尾寺(20回目)~箕面ダムへ
登っていても、緩やかに感じたのは、(しんどいのは変わりませんが)
「美ヶ原」で壁の様な激坂に絶望感を感じた後だからでしょうか…

とにかくチームで走るとスピード強度が上がります!
単独ラン時では追い込めない程にね
そして、楽しさも10倍くらいになります!

美ヶ原第2CP
写真:美ヶ原 第2CP手前

勝尾寺21回目

2009.07.07.21:01

F1000223K.jpg
昼から出かける用事があり、9時出発で勝尾寺だけ…
途中で雨も降りましたが、暑かったのでちょうど良いシャワーでした。

 F1000221K F1000220K.jpg
NEWアイテムのWH-R500 はシマノホイールの最廉価品 
24本もスポークがあり リアだけで1㌔以上あります。 
スプロケは105の11-23Tのクロスレシオ

これで登ると…先日より1分タイム落ちました!
でも下りは、速くなりましてけど…フロントにポテンザ入れたしね!
練習用には良いホイールです、雨でも気にせず使えますし。


夏のローラー

2009.07.14.21:33

F1000224.jpg
夏のローラーはサーキュレータ全開…でも・・・暑い
エアコン入れると・・・怒られる…きっと
発電機付きローラーがあると売れると思いません?

オリジナルインソール

2009.07.16.18:14

今日明日は振替で休み、朝、雨も降っていないので、山へ出発!梅雨明けまだか?
勝尾寺22回目!パナチタンで走るのももう少しで終わりです、
この自転車で勝尾寺100回くらい登ったんだろうかな~

午後からは、シューズのインソールの作成に江坂のADVANCED FOOT
スポーツ店や自転車のプロショップなど何軒か回ったのですが、
結構職人技な部分があり、作成するスタッフによって出来がかわるようなので
専門ショップで作成することにしました!

サイズ計測後、足圧分布計測機器で詳細な足の分析が始まります。
私の場合は、右足に重心がかかり、左足の土踏まずの圧力が弱いようで、
右足は特に問題ないのですが左足はうまく使えていないようです。

左足がペダリングで膝曲げた時に内側に曲がって入るとのこと、
スタッフの方も自転車好きで(先週乗鞍HC行ってたようです)すぐに指摘されました。
これで長距離走れば、左足に負荷が偏って攣りやすくなりますよ~と、
確かにこれまで足が攣ったのは左足ばかりです…。

F1000225.jpg
型取り・成形して完成、約1時間くらいです。
今のシューズはちょっと大きいのでワンサイズ小さくした方が良いとのことですが、
フィット感は抜群に良くなりました!
お値段は、結構高いのですが(シューズが一足買えてしまいます)
動力をバイクに伝える接点ですから、ここは、大事な部分でしょ? 

けいはんなロードレース

2009.07.20.22:51

チームの仲間と総勢6名で京都車連主催のけいはんなロードに参加
カテゴリーはそれぞれですが、お互い応援しあってのレースは仲間あっての楽しさです。
短い距離でMAX全開のレースですが、これはこれでまた格別なものです。

ロードレースゆえ落車も頻発していましたが、仲間は巻き込まれることもなく、
3位入賞者もあり、たいへん盛り上がったレース・表彰式でした。
ロードレースにはこれからも参加しようと思います、楽しいし、基本でしょ
ロードバイクに乗っている限りネ!

けいはんな1

チューブレス化

2009.07.24.20:57

F1000228K.jpg
新兵器 チューブレスタイヤ導入です! 転がりは抜群にかるいですね~
ただ軽いのは、タイヤでなくホイールの性能かもしれませんが、
ハブ良く回りますし!

タイヤはIRCのRBCC ちょっと固めかな~という印象です。
チューブレスなのでもっと空気圧を下げても良いのかもしれません
この辺は、走りながら、適正値を探してみます。

ブリジストンのときのような感動的なグリップはありませんが、
これは、高グリップタイヤに慣れたせいかな~
転がり感など、全く問題ない良さげなタイヤです。

コーナーリングのスムーズさでは
いかにタイヤの中でチューブが悪さしているかわかりますね~ 
一度使うともうチューブドには戻れないでしょう!

あとは、耐久性や耐パンク・メンテナンス性ですが、
これも使いながらインプレですね!

F1000227K.jpg
勝尾寺23回目!
二日酔い覚ましに登りましたが、暑かった~ 夏本番
GF吉野は冷えピタと冷却スプレー携帯せなば!

GF吉野

2009.07.27.06:58

グランフォンド吉野 ロングイースト 完走できました!
完走率は49%の中に入ることができました。
愛車パナチタンで走る最後のイベントは、長くてキツイそして楽しい1日でした。

F1000231.jpg
スタートラインで…まだバイクきれい状態。

昨年の教訓を生かして、スタートなるべく早め、ASでは極力休憩時間を減らす作戦です
ほぼ10時間自転車に乗りっぱなしで、バックポケットとフレームバックいっぱいの補給ジェルは完食しました。
コースはやはりハードでした、スタート~1本目の峠は晴れて温度はどんどん上昇、このままでは、やばいな~熱中症対策とボトル補給が間に合わんと思っていたところ、雨が降り出し、気温的にはラッキー、ずぶぬれ水冷状態で水分補給もかなり減らせたのです
(それでもボトル5~6本は飲んだ)
しかし雨でコース状況は…登りは川状態、ダンシングすると後輪滑るので、慎重にトルク均一にかけながらで、下りは、ただでさえ滑りやすいグレーシング(ここのは目が荒くてすべるんです)は、滑りまくりでどっちに飛んでいくか分からない状態でした!

何とか関門を時間内で通過、完走の目処が立って、下ってから高速周回コースがありました、と言っても集団で飛ばしていただけなのですが、先頭交代する余裕もなく引いてもらっていたのですが40~50㌔で巡航です、結果的にはここで稼いだ時間に救われました。

最後の下りで落車しました、決して気を抜いたというわけではないのですが、魔がさしたのか、きっと疲れていたんでしょう、下りコーナー手前の減速で苔に乗ってしまって、後輪ロックで横滑り、何とか立て直そうとしたのですが、コナー先はガードレールもない谷底…これはやばいと思い…こけました(ジャージパンツ破いちゃいました)擦りキズ・打身程度でしたが、MTBと違いロードでこけると痛いな~

F1000230.jpg
ゴール後 どろどろのバイク

F1000229K.jpg
アビオスさんも無事完走、NEWオルカのポテンシャルを見せつけられました!

帰路いつもの温泉へ…傷が染みて湯船に浸かれませんでした!
来年は、平城京遷都1300年イベントで間違いなく日本一過酷な
スーパーロングのチャレンジしたいと思います!





届きました! ZULLO INQUBO

2009.07.27.20:44

1784-0[1]
イタリアンクロモリ レーシングフレーム 一生モノです!
世界に一台のオリジナルジオメトリー オリジナルデザインとカラー
このバイクで私は、何万キロ走るのだろう?

来年の GF吉野 に向けて

2009.07.28.23:39

吉野スタートゴール
GF吉野を走り終えてまる2日、落車の傷後もかゆくなりだしましたが、
全身心地よい筋肉痛です。
次期バイクはパーツ移植になるので、店長にお願いしてパーツすべて
洗浄オーバーホールして組替えてもらいました。
ちょっと食べすぎで体重は増え気味です。

今年は、ハードコンディションで落車やトラブル続出、
病院に搬送された方は十数名とか…
吉野は、ほんと面白いので、この大会が続くことを祈るばかりです。
奈良サイクリング協会とスタッフの方々には、ほんと感謝です!

来年以降の参考に今年の反省点をまとめておこうと思います。
まず装備ですが、昨年は、ウォーターバックにチューブ3本、タイヤも背負ってましたが、
これは重いだけでハンデでした、今年は極力、装備を少なく(基本ですが)
コンパト工具・チューブ・パッチ・チェーン切り・ボンベ位でしたが、何も使いませんでした。

補給食は、カロリーメイト1箱・パワージェル6本・メイタンCC2本(これ効きました)
ボトルで溶かす用の粉末BCAAとトリプルカーボを各2袋
これだけバックポケットに入れると、ものすごく多いのですが、すべて完食です、
実走行9時間弱ですが、ジェルはあと2本くらい必要でした。
途中ASで補給できるのですが、昨年の教訓を生かして、なるべく休憩時間を短くしたのでASでは、バナナ1.5本と水補給のみです、それでも全部でバナナ6~7本食べてます。
「柿の葉寿司」はメチャおいしいのですが、昨年食べ過ぎたので、今年は我慢しました、
ご飯系は、エネルギーへの変換が間に合わないんで、内蔵にも負担ですし(最後のASではたらふく食べましたけど)

機材に関しては、今回チューブレスタイヤを使いましたが、ホイールが新商品で装着してから1回しか走れず、空気圧設定がつかめませんでした、一度8気圧で勝尾寺登ったのですが、下りでどうも硬すぎる気がしたので吉野では7.5気圧にしたのですが、7気圧位が基準な気がします。まぁ~空気圧は乗り手の体重で変わりますし一概には言えませんが、高くしたら転がり抵抗が減って楽になるというものではありません、
TTで短距離なら高圧もアリですが、よくヒルクライムで帰りの下りでパンクしている人がいますが、パンパンに入れて登り、標高が上がって気圧の変化でタイヤ内圧が上がっている所に、下りでブレーキング状態を続けて発熱でバーストしている状態です。
プロ選手に聴いても7~7.5くらいが多いです。
チューブレスですとリム打ちパンクリスクがないので、今回の吉野の状況だと、
F6.8 R6.5位で良かったかもしれません。このあたりはこれからいろいろ試してみてつかんでいきたいと思います。
あと、先日作成したインソールは、後半効果てきめんでした、さがる「土ふまず」をサポートしてくれてフクラハギの攣り兆候はまったくありませんでした、全身筋肉痛でパンパンですが、フクラハギだけは、ふにゃふにゃです。

あったらいいな~は、標高マップです、自作するしかありませんが、あれがあると登りのペース配分ができますから、コース覚えるほど走りこめませんしね!
吉野はどれだけ登らすねん!と どれだけ下るね???の繰り返しですから。 
知り合いがガーミンの新型GPS装備していましたが、あれは有効だと思います。
ちょっと物欲が…。
吉野 イメージ
GF吉野はレースではないのですが、自転車乗りの総合力が試されるような大会です、
これからもっと走りこんで来年はスーパーロングに挑戦して、一端の自転車乗りと言えるようになりたいと思います。
あと、大会翌日は有給休暇をとることを忘れないこと・・・翌日は廃人状態ですから…
吉野



プロフィール

G-PanaZt

Author:G-PanaZt
大阪府茨木市在住 51歳
6人家族:長女(大学生) 長男(中学生)次男(8才)三男(4才)
チーム:Team UP!UP!
ロード:TIME VRS
ZULLO INQUBO
GIANT TCR
TTバイク:GIANT FCRゼロ
MTB:GIANT MCMカーボン
ジャージ友繋がりで
「エコサイ」「けんむん」「Beach」にも出没

カウンター
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。